スポンサーサイト

  • 2015.08.01 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    一話 クチサケの涙 Vol.36

    • 2008.07.19 Saturday
    • 00:26
    「…ということで、暫くの間、休校ということになりました」
    副タンが教室で告げる。
    喜んだらいいのか…、いきなりの休み…いや、自宅学習に生徒は動揺している。それもそのはず、いつ事件が解決するのか分からないからだ。
    少なくとも、陽輝は心当たりがあるのだ。昨日のルモール、今日の佐藤、二人とも最後に接触したのは陽輝なのだからだ。次に陽輝が接触する人物の安否によっては犯人になるかもしれない。
    その放課後、陽輝はキープアウトを押し切って新聞部室に入る。生前の彼を最後に見たということを警察に告げたかったからだ。
    「おや、君は以前の…」後藤教諭が殺害された時の担当をしていた刑事と同じ人だった。

    スポンサーサイト

    • 2015.08.01 Saturday
    • 00:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      とことん知らない振りで逃げられるだろうに…突っ込んだ首が仇にならないかな…。
      • じょさ
      • 2014/02/11 8:20 PM
      怪しがられる-´`

      募金お願いします
      • かな
      • 2008/07/19 7:08 PM
      後からバレるのも嫌だけど自分から言いに行くのも嫌ですね。
      • 蓮珠
      • 2008/07/19 5:19 PM
      休校か。落ち着いていられるワケないな…。また何か起こると思います…。
      今日も募金をお願いします。
      • 沙緒
      • 2008/07/19 4:50 PM
      疑われるのに自分から...!?
      恭子さんは今いづこー
      • 侑稀
      • 2008/07/19 3:21 PM

      生前に最後に会ったって言うだけで
      keep out入るか…??


      ハルキ、企んでんじゃない?
      • 向日葵
      • 2008/07/19 12:40 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM