スポンサーサイト

  • 2015.08.01 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    一話 クチサケの涙 Vol.39

    • 2009.02.15 Sunday
    • 22:24
    気が悪くなったのか?猫が話すはずがないだろう?
    ――犯人がわかればあなたは落胆……いえ、失望するわ。
    「どこにいるんだ!」
    ――ここにいるじゃない。
    「ふざけるな!顔を出せ!」
    ――だからここにいるじゃない。
    猫はフーと怒るような顔で鳴いた、のかもしれない。だが猫の声はせずに女性のような声が聞こえる。
    もし?この猫が話しかけてるとすればどうなるんだ?
    ……、いや、今だったら猫を信じなければならないのかもしれない。
    「君、なんだな?」
    陽輝は猫に問いかける。
    ――やっと信じてくれた?私が話しかけてるってわかってくれた?
    「まだ心配なのだが、今の状況じゃ君を信じなければならない。それで、犯人を知ってるんだよな?」
    ――覚悟はできてるの?
    「何のだ?」
    ――私がさっき言ったこと忘れたの?
    「失望する。だろ?この事件を調べることを始めてから覚悟なんてできてるさ。
    ――本当なのね?
    「本当だ。事件を信じたくなくても信じなければならない。そのために事実がどんなに酷くても覚悟している」
    ――……わかったわ。

    スポンサーサイト

    • 2015.08.01 Saturday
    • 22:24
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      極端にコメントが少ない…?

      何か、『気』で表現するなら→気でも違ったか…(キチガイの人の事)の方がしっくり来ます…。
      • じょさ
      • 2014/02/11 8:40 PM
      はじまりましたね!
      募金お願いします
      • かな
      • 2009/02/16 9:38 PM
      いよいよ真相に迫りますね。しかし、「気が悪くなる」とは…?
      • 沙緒
      • 2009/02/16 1:24 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM